マーケティングis.jpに寄稿しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterでソーシャルメディアマーケティングについてブツブツつぶやいてたら、マーケティングis.jp編集長の河野さんに『そのネタで記事かいてくれない?』ってお話をいただきまして。

そんなわけで本日マーケティングis.jpへ寄稿させていただきました。

転載じゃなく書き下ろしですよん。

marketing_isjp_100909.jpg

ソーシャルメディアでお客様と繋がったり、対話したりすると企業の中の人って何故か浮かれちゃうんですよね。メールでも店頭でもお客様と対話したいだけできるはずなのに。

実はマーケティングis.jpに書いた記事は、某社Web担の @ID_not_Foundさんのブログに書かれた「Twitterではかならず客いじりをしなきゃいけない訳? どうして?」へのアンサーエントリだったりもします。

@ID_not_Foundさんの感じる違和感(嫌悪感と言うべきかな)って、適切な距離感を考えずにお客様との対話に浮かれたり酔ったりしている姿勢に対しての違和感なんじゃないかと思ったわけです。

そこの解を探すときは、「@で話しかけることの是非」ではなく、どのように距離感を測るかってところまで俯瞰しないとカイケツしないんじゃねーかと。

というわけでマーケティングis.jpの(こっちは僕が書いたんじゃないけど)「ほどよい距離」とかTwitter担当者に読んでいただくと良いと思います、はい。

マーケティングis.jpに寄稿しました。” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 河野 より:

    ほどよりww

  2. Fujii-Yuji より:

    ほどより → ほどよい
    修正しましたw
    ご指摘ありがとうございます&失礼いたしましたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)