「自分は影でいわれなき悪口を言われて叩かれている」という人の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存じの方はご存知だと思いますが、僕はツイッター大好き。
昨日のブログではてな匿名ダイアリーへの歪んだ愛を告白しましたが、ツイッターも大好きです。ツイッターが落ちると不安になって手が震え出します(←ヤバい)

で。
ツイッターを眺めていて「自分は影でいわれなき悪口を言われて叩かれている」と言っている人を同時多発的に見かけたので、今日はその話を書きます。

ネットでその人の文章や事業や思想なんかが評価されてきてる・ファンがついてきてるなと、「その界隈では知られた感じ」になってきている人たちっていますよね。

そういう方たちの全員ではなく一部ですが、何故か共通した振る舞いを始める人たちがいるんですが、それは

「自分は、影でいわれなき悪口を言われ叩かれている」

というような事をある日が言い出す人が一定数いる、ということです。

以前は僕も「ああ、この人もプチ有名人になってきたから目立ってしまってアンチが湧いてるのかな。かわいそうに。」という風にも思っていたのですが、ある時ふと気になってツイッターを検索したり調べたりしてみたところ「こんなことをネットに書かれている」と言われている発言が見当たらないか、一人か二人みたいに気にしないでいいレベルの極少数だったりするんです。

ネットウォッチ好きな人ならお分かりかと思いますが、「叩かれている」ってそういうもんじゃないですよね。叩く人「たち」と呼べるくらいの「ひとのかたまり」が存在するだとか、そういうレベルで可視化されているものじゃないでしょうか。

あくまでも僕が軽く調べた程度ですが、ある日から『「自分は影でいわれなき悪口を言われて叩かれている」と言い出すスイッチ』が入っている方に共通して、調べてみると叩かれているとは言い難いんじゃないのという状況が多い気がします。

自分は影でいわれなき悪口を言われて叩かれているという発言に対して、ファン的な人たちから「そんなやつはほっとけばいいんですよ」とか「私はあなたが大好きです」「アホはどこにでもいますよ」といった温かな声援が飛ぶわけでして。

あれこれもしかして共通の仮想敵を作ってファンのロイヤリティを高めているんではないかとかいう邪推というか、邪推じゃなくて事実そうだよね、いやーんこの人そういう人だったの見てはいけないものを見てしまった的な気持ちになるわけです。恐ろしい恐ろしい。

僕が悪くとりすぎだとか、僕の調べが足りないとか、その発言をしている人しか分からない繊細な背景とかあるのかもしれませんけどもね。
もし、そのひとに千の賞賛があっても喜べず、一人から嫌われることに異常な嫌悪があるのだとしたら、それはそれで怖いなあとも思います。たぶん、そうではないような気がしますけれど。

念のために書きますが、これはネット眺めてて「そういうのってあるよね」という感じで書いたものであって、特定の誰かを遠回しにDisっているわけでもありませんから、これを読んで「もしかして、これ自分のことを書いてるんじゃ…」と思った人がいたとしても、「自分をDisっているブログがある」とか書くのはおやめくださいね、マジで。

悪しからず、悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)