占いが苦手で避けている僕でもするする読める、読んでいて心地良い2017年の運勢。

このエントリーをはてなブックマークに追加

占い好きですか?
僕は正直、あまり好きじゃないんですけどw

そんなことを書いておいて何ですが(ホントごめんなさい)、僕が尊敬する友人で占い師兼ライターの真木あかりさんという超売れっ子の方がいます。

ほんと超がつくほどの売れっ子で、休みなく本や記事を書いている忙しい方なんですけども。

この方はかなりのド変態―――あ、いや、性的な意味ではなくて仕事の話ね―――でして、多分24時間中20時間くらいか、もしかしたらもっと文章を書き続けている(しかも常人からは考えられないくらいのハイスピードで)かもしれないような人で、今月に久しぶりにお会いする機会があったので近況を伺ったら「仕事しすぎて(文章書きすぎて)手にダメージがいって、お箸が使えなくなったからフォークを持ち歩いている」とか、尊敬はするけど真似は絶対にしたくない感じのことを言っていました。良い子は決して真似してはいけません。しないと思うけど。

占いというものを信じるかどうかは置いておいて、話を聞く度に仕事へのストイックさに「こいつはヤバいやつや…」としか言葉がでなくなります。

まあ、真木あかりさんがいかに(仕事的な意味で)変態かを紹介するのはこれくらいにしておいて。

その真木あかり先生がお金とればいいのにわざわざ無料で2017年の占いを公開していて、とても素晴らしい内容なので今年最後のブログはその占いをご紹介をして締めたいと思います。
(紹介と引用については本人ご承諾済み)

冒頭でも書いた通り、僕は占いとかの類を否定はしないものの信じない方だし、割と見たり読んだりは避けてるくらいですが、そんな僕かなぜ紹介するかというと、読んでてめっちゃ面白いからですw

さすが本もバンバン出してる売れっ子ライター。読ませる。

例えば、これ。さそり座のひと向け。

ここまで頑張っていらした中で、「あのときこうしておけばよかった」「あのときは仕方がなかった、でもずっと心のどこかに引っかかっている」といった、心のささくれのような出来事はないでしょうか。小さなことでも、大きなことでも構いません。くだらないことだっていいんですよ。ちなみに私の場合、過去のくだらない遺恨といえば「中学生のとき友達のY子に貸した『日出処の天子』1巻(しかも花とゆめコミックス版!)を返してほしい」というものであります。ない部分は文庫版で補完したので読めはするのですが、やっぱり揃えたいものです。ついでに言うなら元カレが昔うちに忘れていったアダルティーな本『●●の●● ●●●●●』(あまりにアレなので名は秘す)もどうにかしたいんですよね。別れて10年以上経ったのでもう処分していいでしょうか。ていうかなんでうちに持ってきたんだよこの本。自分ちで読めよ。

2017年 さそり座の運勢(年間占い) – 占い師・真木あかりのブログ

後半なんなんだよwww面白すぎるだろw

実際の文量はこの15倍くらいの分量あるので、かなり読み応えあります。お友達だから言うわけでじゃなくて本当に読み物として面白いから全部の星座を読破してしまいました。

いやホントこれ無料でいいの…っていうくらい読み物として素晴らしい内容。
占いが苦手で避けている僕でもするする読める(←飲みやすい青汁的な賛辞)。

それから、いて座のひと向けはこんな。

2015年からいて座の人が体験する試練や困難の多くは「自分が自分の人生を生きていくために、避けては通れないこと」です。たとえばそれは……あまりズバッと書いてしまうと傷ついてしまう人もいるかもしれませんが、ごめんなさい。どこか恋愛を心のよすがにしすぎる傾向であったり、楽観的であるがゆえに生じる見通しの甘さだったり、仕事で避けてきた本質であったり、といったことに、どこかつながっていたり、ダイレクトに切り込むことであったりするでしょう。それらが「自分の人生を生きる」ということに障害になっている場合、強い力で引き戻すような、目を覚まさせるような試練が起こります。フワフワ生きている人をビンタして目を覚まさせる、というようなことが起こるので、「親父にもぶたれたことないのに!」となるわけです

2017年 いて座の運勢(年間占い) – 占い師・真木あかりのブログ

いきなり親父にもぶたれたことないのに!とかなんなんだよw

さすがだなあ。こんな面白い読ませる文章を書けるようになりたいわ(←お前はまず遅筆と誤字を正せって言われそうだけど)。

面白いところだけピックアップしてしまいましたが、内容は至って真摯で丁寧に書かれていますので、年越し前後の穏やかな時間にダラダラしながら読んだりしてみては如何でしょうか。

ちなみに、わたくし獅子座です。しし座。
高校生のころにクラスメイトに何座かを訊かれて答えた瞬間に激ギレされて「しし座のお前は聖闘士星矢ごっこヒエラルキーにおいて上位だっただろ!!お前に牡羊座の俺の気持ちは一生わからない!氏ね!」と罵られた経験がございます。はいどうでもいい情報でしたねごめんなさい。

安定した状況に変化が訪れると、それを「凶」であると認識する人は一般的にとても多いですよね。ただ、これは変化を嫌うという脳の仕組みの問題でもあるようです。ですから、そういう年だということを念頭においた上で前向きに変化に対峙することは、占いの使い方としてとても健康的だろうと思います。自分にとって有利な方向にもっていけるはずだと思って変化に立ち向かうのと、凶事だと思って立ち向かうのとでは精神的な負担も、頑張れる範囲も格段に差が出ます。もし「うわー」となったときは、ぜひご自分にとってプラスになるきっかけということを思い出してみてはいかがでしょうか。まあしし座の人であれば、どんなときも勝てると無意識レベルで信じているような気もするのですが(それが一番です)。

2017年 しし座の運勢(年間占い) – 占い師・真木あかりのブログ

良いことも悪いことも書いてあるんですけど、読んでてすごく心地良いです。

「お前なんか来年こうなるんじゃよ」みたいなことはあんまり書かれていなくて、こういうことに気をつけているとより良い生活ができそうですよと背中を押してくれるような、優しい言葉で綴られていますんで読んでいて来年も一年がんばるぞいと穏やかな決意が湧き上がるのではないでしょうか。少なくとも僕はそういう気持ちになれました。

下記のページから各星座が読めますです。

さて。他人の褌で相撲をとるようなエントリーになりましたが、これで今年最後のブログ更新です。

今年最後のブログをここまで読んでくださってありがとうございました。
今年はどんな年でしたか?そして来年はどんな年にしたいですか?

自分の言葉でなくて恐縮ですが、真木あかりさんがこう書いていてグッときたので引用。

2017年、良い年にしてまいりましょう。私は良い年にします。だから、どうかこれを読んでくださっているあなたも心豊かで、あなたらしく自分の人生を生きる、そんな良い日々になることを願ってやみません。

うん、来年も良い年にしてまいりましょう。僕も頑張って良い年にします。

それでは、みなさん今年一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)