Wikipedia と しゃっくり

このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃっくり-Wikipedia

しゃっくり(噦り、吃逆)とは、横隔膜(または、他の呼吸補助筋)の強直性痙攣により、声帯が閉じて「ヒック」という音が発生することが一定間隔で繰り返される現象で、ミオクローヌス(myoclonus:筋肉の素早い不随意収縮)の一種である。

今日、部下のエンジニアが(とか書くと僕がWeb屋さんみたいだけど、僕は非Web屋さんです)しゃっくりが止まらなくなって6時間くらいヒックヒック言っていた。

ふと、しゃっくりの止め方って色々あるよなーと思い調べてみたわけだ。

しゃっくり-Wikipedia

紹介する手法の一部には、全く根拠のないものも存在することに注意されたい

呼吸に関連するもの

  • 深呼吸を複数回行う(非常に効果が高い)。
  • 呼吸を1分間くらい止める。
  • 鼻にこよりを入れるなどして、くしゃみをする(閉じた声帯を開かせ、効果が見られることが多い)。
  • ご飯をかまずに飲み込む。
  • 唾を飲み込む(アイバメソッド)。

水に関連するもの

  • (呼吸を止めながら)冷水を飲む。
  • 人肌より多少温かい(40℃~50℃程度の)湯を少量口に含み、3,4回飲む。
  • コップに水を入れ、その上に割り箸を十字に置き、四方から一口ずつ飲んでいく。
  • あごに水をつける。
  • 喉の奥に水を入れうがいする。

ふーん、色々あるんだなぁ・・・。

  • 左手を上げて「にくだんごー!」と大声で言う。

え・・ちょ・・ま・・・えええええええええええええええええええええ。

僕が見てるのWikipediaだよな・・・と思わず確認してしまいましたよw

まったく、誰だよWikipediaにこんな情報載せるのは・・・百科事典なんだからさぁ・・・なんてことをブツブツ言いながらウチのエンジニアに「Wikipadiaに左手を上げて にくだんごー! と大声言えば治るって書いてるあるぞ」と言ったら大喜びしながら

「にくだんごー!」

って大声で言っていた。馬鹿だwww

ところが、だ。

本当に止まりやがったんですよ、しゃっくり。

なにぃー!?そんなバカなー

うう、なにかの偶然だよね・・・

と、思っていたのだが、30分くらいしてエンジニア君がタバコ休憩をとったら、また再発。
どうもタバコを吸うと、しゃっくりが出てしまうらしい。

「さっきのなんて偶然に決まってるから、にくだんごー!ってまたやってみて」って言ったら、また

「にくだんごー!」

って左手を上げながら大声で言っていた。馬鹿だwww

でも、しゃっくりは本当に止まった。なんじゃそりゃ。

Googleでも軽く検索してみたけど、出典見つけられず。
今度は本気で調べてみようと思う。

本当に止まったんですよ、信じたくないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)