2001年9月11日、僕は(雑文注意)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年9月11日、僕はお金がなくなるまで海外放浪をするという旅をしていた。

日本を離れて9ヶ月か10ヶ月目。もうお金もなくなりそうだったし旅は佳境で、中国の広州にいた。
そこから青島に行って、船で日本(下関)に帰国する予定だった。

そのころの僕は、ノートPCを持って現地からリアルタイム旅行記(ツイッターやブログがある現代から見るとリアルタイムではないけど)をネットで公開するというのをやっていた。

当時はそんなことするひと少なかったから、ぼちぼち人気あったんですよ。Yahoo!JAPANにも登録されてサングラスついてたし、雑誌とかでも紹介していただいてたし。

ノートPCや変圧器とか重いし、ボロボロの安宿は大抵コンセントもないから裸電球から分岐して電源とるソケットもってたりして、苦労しながらHTML書いてた(ブログとか存在すら知らなかった。CGIは動作が重かったりデータが消えたりするのが怖くてHTMLをフロッピーディスクでネットカフェに持ち込んで更新してた)

読み返すと間違ったこととかアホなこととか書いてて、この文章をそれなりの数の人が読んだのかと思うと恥ずかしくてもうダメってな感じですが、25歳のころの僕は重度の中二病だったんだなあwww

痛々しい文章ですが、昔のことだし9.11平和祈念企画(謎)として公開しちゃう(typoとか一部だけ直した)。
ちなみに文中に出てくるの彼女とは帰国後に別れましたw

それにしても驚いたのはアメリカでおきた連続テロ事件だ。

広州はかろうじて香港のテレビが見れたので英語でニュー
スを見たのだが、崩れ去るWTCビルの映像はショッキングだった。彼女は興奮して眠れなかったらしい。アメリカのTVをそのまま流していたから情報の
流れてくる速度は日本より速かったかも。
見た瞬間にイスラム原理主義者という言葉が頭をよぎったが何といっても英語ニュースを しっかりと聞き取れないので情報が足りない。次の日にインターネットカフェへ行って色々と調べた。

日本では報道が過剰らしい。それとはまた逆に友人のHPの掲示板には「日本は平和でよかった」というような書き込みがあった。それを見て日本に帰るのが恐
ろしくなった。日本にいると致命的に感覚が鈍くなるような気がする。Yahoo掲示板や2ちゃんねるをチェックしながらとても暗い気持ちになる。

旅先で出会った人たちからパキスタンやイランは思ったよりも平和な感じだが近いうちに退避勧告が出るはずなので早めに移動するというようなEメールがきた。案の定、パキスタンでもイランでもアメリカが攻撃されて民衆は喜んでいるようだ。
「原爆のかたきがとれてよかったな!!」
と言われたという旅行者もいた。

当然ともいえるが南アジアや中近東でのアメリカは評判が良くない。 しかしテロで人間が死んでいるのを喜ぶ人がいるというのは悲しいことだ。
まぁパキスタンは近いうちに民主化しそうな感じもあるし、公にはアメリカ寄りの立場をしめしそうだけど。イランは・・・?だな。

一番心配したのは株価暴落による世界規模の不況だ。不況は戦争よりも恐ろしい。一般市民が普通の生活をおくれなくなってしまうかもしれない。彼女とも、いざとなったら日本に帰るのをやめようかと話したほどだ。

アメリカはいますぐにでも軍事報復をしそうな勢いだ。
今ごろ日本は大騒ぎじゃないか?

 

何はともあれこの悲しい事件には本当に驚きました。
負傷された方のご回復、亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

平和ボケdisってたり、不況の心配しすぎとか、まあ本当に痛々しいな(苦笑)
もっと普通な生活や平和な世界を愛せよなwww

まあ、当時の僕なりに一所懸命に生きてたってことですよね。

あれから9年、今でも痛々しい僕ですが、何とか日本で生きてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)